株式会社山本商店|肥料・農業資材等の製造販売|福岡県

肥料(ぼかし・製造・販売)資材、農業のことならお任せください。豊富な経験と知識による技術指導、勉強会や工場見学会も承っております。

ホーム ≫ ブログ ≫

ブログ

夢に関われる喜び

IMG_2665

佐賀県でイチゴ栽培に取り組まれている

むらおか農園 唐島さん
 
健康で、美味しく、安心して食べて頂けるイチゴづくりのために、
土壌学、植物生理学を学びながら、日々、現場のデータを分析し研究しています。
 
そこには、イチゴづくりへの情熱と共に、人を思う深い優しさ感じます。
 
唐島さんはこれまで「お客様を笑顔に出来るイチゴを作りたい」
の一心で、試行錯誤を重ねて来ました。
 
その手応えを感じる中で、今、唐島さんの夢は、
「生産者とお客様、多くの人々が喜び、お互いの笑顔が見える空間をつくりたい」
と広がっています。
 
その思いの先に描(えが)いているのが「観光農園」です。
広大な自然の風景は、人の心を癒す空間となり、

この場を通して、人々が集い、笑顔が溢れ、地域のコミュニティが広がっていく。
そこにはたくさんの「喜び」が待っています。
 
これから観光農園の構想が具体的に進んで行きます。
大地に絵をかいていきます
 
私たちも「人を喜ばせる」その夢に関わらせて頂けることに、
大きな喜びと、生き甲斐を感じています。

2020年05月28日 20:11

勉強会を行いました

IMG_2504
佐賀大和にて、みかん、すもも、米などを栽培されている果樹生産者の方々と、勉強会を行いました。
 
日々、現場で試行錯誤されていることについて、植物生理の基本を確認しながら
・健康的な作物づくり
・剪定の大切さ
・病気の原因と普段の対策
・光合成を助ける、呼吸を楽にさせる
・栽培過程とその時々の着目点
・質疑
等について共に学ばせて頂きました。
 
議論の中で「実を見れば過程が分かる」という言葉が聞かれました。
作物の姿・環境・自然をよく見ながら、その上で深く考えて実践、検証を重ねて行くことの大切さを感じました。
 
山本商店では、勉強会、視察、工場見学を随時、行っています。
お気軽にお問合せ(080-6436-3407)下さい。
2020年03月28日 20:48

勉強会・工場見学会を行いました

IMG_2498

先日、「博多ヨーロッパ野菜研究会」のメンバーの方々と、以前より当社の有機質資材を活用され、みかんの栽培を行っているIさんと勉強会を行いました。
IMG_2454 


「博多ヨーロッパ野菜研究会」(代表:柴田陽平さん)は、福岡県西区周辺の7人の生産者(栽培されている作物は多種)の方々で構成されたグループです。
 
地元福岡で、高品質・高栄養の野菜を作りたい、消費者に喜んでもらいたいという願いのもと、
研鑽の日々を送られ、現在、ケールをメインに共同で栽培されています。
IMG_2499 
 
グループで話し合いを進める中で、まずは原点に立って、植物生理から学びたい、化成を使わずに、有機肥料で栽培をしていきたいという思いが高まり、Iさんを通して当社のことを知り、今回の勉強会の運びとなりました。
 
当日は
①植物生理について
②土づくり、環境づくり
③病気の原因と対策
④健康的な食物づくり
⑤自然の力を引き出す有機肥料・資材
⑥生産者の心構え
⑦質疑

等の流れに沿って激論?笑い?を交えながら共に学び合いました。
 
「博多ヨーロッパ野菜研究会」の野菜は、仲卸業社を通じて販売されており、地元福岡市内のホテルや飲食業はもちろん、首都圏を中心としたところで利用されています。
 
代表の柴田さんは
「西洋野菜のニーズの高まりを日々、実感しています。同時に常により良い物を作って行きたいという思いが強くなっています。」
と話されています。
 
野菜作りへの情熱と、消費者に対する真摯な思いが、グループの日々の学びとメンバーの方々の「まとまり」を深めていると感じました。
 
質疑の中では、皆で失敗談を語り合う場面も見られました。
挑戦したから失敗があり、失敗の先に、次の成功が見えてくる!そんなことを考えさせられました。
 
後日、当社のぼかしを生産している工場の見学を行いました。
IMG_2495
 
一口に「ぼかし」と言っても原料は多岐に渡ります。
当社の厳選した「ぼかし」の原料、行程を見て頂くことで、良質で、作物にとって、健康的な発酵型の「ぼかし」であることが納得して頂けたと思います。

2020年03月26日 21:12

相談をお待ちしています(お客様の声から)

写真予備 (1)

当社の技術専門職員には、日々、生産者の方から農業全般に関わる相談があり、現場に向かって解決策を講じています。

相談をお待ちしています

先日、福岡県内で長年、葉物を栽培されているTさんから、相談の連絡を頂きました。
 
技術専門職員が現場を訪問した後、「おかげで元気が出た」との感想を聞かせて下さいました。
「なぜ元気が出たのか?」その理由を聞きたくて、Tさんの元を訪ねました。

相談をお待ちしていますー2

 Tさんは堰を切ったように語られました。
 
「30年以上、ほうれん草を作り、自負しているものもあった。しかしどうしても上手く行かなかったり、
 今でも分からないことがある。
 県外まで勉強に行ったが、腑に落ちないことがあった。先進地と言われる地域に負けたくないという気持ちも湧いていた。
 何とかしたいと悩んでいる時に、知人が山本商店の職員を紹介してくれた。
 
 彼は専門的な難しい話をしているが、これは机上の話ではなく、現場を分かっている人の話であり、
 現場に生きる話だとすぐに感じた。

 作物に必要なものは何か?いかに光合成をさせ、いかに呼吸を楽にさせるか?植物の生理とは何か?を明確に説明してくれた
 全てが私の長年の経験(失敗・成功の裏付け)を納得させるものだった。
 
 植物に手を掛け過ぎてはいけないが、どんな時に手を掛けるべきか?そのタイミングと理由もなるほどと思った。
 
 肥料は使い方が重要であることを改めて考えさせられた。今後も相談を重ねながら納得いく栽培に取り組みたい。
 
 今まで、いつも漠然とした不安があった。色んな事を想定しては、どうしていいか分からない事から起きる不安だった。

 
 今は相談できる専門家ができたからその不安がなくなっている。
 山本商店の専門の職員に相談するのが今は面白い。話が尽きない。

「俺もまだまだ出来るはずだ。これぐらい収穫したい」という目標、夢が持てたことも大きい。
 
 今、私のもとに有機栽培に目覚めた若者が勉強に来たいと言っている。
 私が教えることはないが、一緒に勉強しようと話している。
 若者のためにも、私も農業の勉強をさらに深めて行きたい。
 
 もし農業のことで悩んでいる人がいたら、一人で悩まずに、専門の職員に相談することを勧めたい。
 彼の持っている知識、現場のデータに驚くと思う。
 何より、話をしている中で、気持ちが楽になり、相談してよかったと喜んでもらえると思う。」
 
私はその後、Tさんと当社の技術専門職員が話をしている現場に同行しました。

相談をお待ちしていますー3
 

熱く語る2人。農業は楽しいと喜び合う2人。お互いを称え合う2人。
物事を追及して来たからこそ、「面白さ」を分かり合える世界があるのだと思いました。

技術専門職員は、いつも「困っている人を助けることが出来れば・・・。」
と願いながら現場に足を運び、研究を重ねています。
 
どんなことでも構いません。お気軽にご相談下さい。
 

相談をお待ちしていますー4
 
 

2020年01月19日 22:17

株式会社山本商店のホームページをオープンしました。

お客様の声から

株式会社山本商店は原料、品質にこだわった「ぼかし(ボカシ肥料)」を自社工場で生産し、低価格にて直売しています。
農業、土づくり、肥料など栽培に関する様々な悩みに対し、長年の経験と研究、専門知識をもとに無料相談も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年12月27日 19:12

サイドメニュー

モバイルサイト

株式会社山本商店スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

   
会社名 株式会社 山本商店
電話番号 0943-75-5658
営業時間 9:00〜17:00
定休日 土曜・日曜・祝日
所在地 本社:〒839-1303 福岡県うきは市吉井町宮田432-1
工場:〒838-1601 福岡県朝倉郡東峰村小石原スキサキ